コーシャとは?

コーシャ*(フード)とは、イスラム教徒のハラールフードのように、ユダヤ教徒が食べてもよいとされる「清浄な食品」のこと。

ユダヤ教の聖典には食べてもよい食品、食べてはいけない食品が記されており、敬虔なユダヤ教徒は、3000年前の昔からその規律を厳格に守って生活しています。

コーシャ認定制度は、スーパーマーケットに代表される消費市場が拡大した第二次世界大戦前後に米国を中心として始まりました。販売される商品数が膨大になるにつれてそれぞれの商品の生産過程や含有物が複雑になり、また企業が利益を上げるために生産された粗悪な食品の流通が増えたことで、ユダヤ教徒が清浄な食品を安心して手に入れるためのコーシャ認定の需要が高まっていったのです。

1935年のハインツ、1937年のコカ・コーラなどの企業を先駆けとして、現在ではウォルマート、コストコなど米国の大手スーパーマーケット・チェーンでも多数のコーシャ認定商品を見つけることができます。

*kosher:コーシャー、コシェル、カシェル、カシュルート等と表記することもある